アンドリューの徒然日記

火曜日・金曜日は定期、日曜日は不定期で更新しています!

MENU

旧DOL日記(35)〜流行れアルラウネ(再喝)

皆さんこんにちは。アンドリューです。

 

こちらは旧DOL日記となります。

 

以前アンドリューがぽけ民名義であげていた記事を

再編集し投稿したものとなります。

ぽけ民日記(現在、元の記事は限定公開にさせて頂いていますm(__)m)

 

 

 

新しくDOLの記事も書いていますので
そちらも見ていってくださいな。

 

本題

さて、今回は使いづらいカードの

新しい使い方を発見したので

 

紹介していこうと思います。


皆さんはDOLで使いづらいカードと言えば

何を思いつきますか?



ちなみに僕がDOLを始めたてのころは、


バハムートクリシュナ

  

ガブリエルなどのユニットや

 

魔力吸収といったマジックが


使いづらいカードとして上げられました。

 
今ではそうでもないように見えたり・・・?




ちなみに僕個人で

使いづらいカード四天王を

 

上げるとするならば、

 (使いたいけど、なんかいいデッキが作れない四天王)

防波堤  決闘場  ナイトの紋章  アルラウネ

     
     

 

ですかね🤔



まぁ 今回この内の一枚が

更新されるわけなのですけどね^^

 

 


 

流行れアルラウネ

さて、今回紹介するユニットは

   ア ル ラ ウ ネ

  


です。



アルラウネの新しい使い道が見つかったので、

紹介していきたいと思います。

 


アルラウネは

f:id:andoRyu:20200410175857p:plain

戦闘破壊された時に

DP1000未満のユニットを全破壊する 

 

という強力な効果をもっています。 

が、



DP1000未満のユニットは

基本CP150以下なので、

 

このカードは基本的に小型メタ 

という形になります。



メタはその分野においては非常に強力ですが、
逆に言えばそれ以外の分野では活躍しにくい 

 

という風にも言い換えることができます。

 


つまりは、この大型に対して弱い!という

弱点を使う際には克服しなければ

 

ならないわけです。

 



今までの普通にある方法で

あげるとするならば、

 

 + 
アルラウネ大型魔獣

合わせる方法や

 

 + 

アルラウネ特効

組み合わせる方法がありました。


それぞれには

カバーしきれていない部分が存在します。

それぞれ見ていきましょう。

アルラウネの弱点

・アルラ+大型魔獣の場合

 + 

アルラの苦手な大型ラインである

AP1700を上から叩けることができる


リヴァやベヒと組んだパターンですね。


この場合、

 

火力は魔獣に任せればいいので
アルラは小型特効などを

 

対処することになります。

しかし、

 

この大型魔獣とアルラウネは

相性が悪く、

 


大型魔獣はそれぞれ

 

f:id:andoRyu:20200309232843p:plain f:id:andoRyu:20200410180702p:plain

mp減少とLP減少の

デメリット効果を持っており、


アルラと組み合わせて使うとなると、

 

アルラを召喚するために

mpを100消費しますし


効果を使うために

戦闘ダメージを受けます

 


つまり 

 

LPもMPも圧迫する効果

アルラでMPとLPを圧迫 

 

= き つ い 



となりますので、

 

それだったら特攻対策は

MP抽出でいいじゃん!?

となりますよねー。


これは他の大型ユニットでも

然りです。

・アルラウネ+特効の場合

 + 

アルラウネが

戦闘破壊されたと同時に

 

相手のユニットも破壊する

特効の剣をつけたパターンですね。

 


特効の剣を付けて

大型ユニットを殴ることによって、


戦闘破壊時にDPが1000未満のユニット

攻撃したその大型ユニット

 

同時に処理することが可能になります。


理想では・・・ね、、^^;

このムーブは大型を殴れることが

前提になっています。

 

 


しかし、この動きを止めることは

非常に容易で、


その大型ユニットが

回避をすればいいですし、

 

足止めのマジックを使えば簡単に止まります。


また、その後の対処も簡単で、

一緒に対処しようとしてた

 

小型に殴られるだけで乙です。
(アルラのAPは800なので、ほとんどの小型からもしばかれる) 

また、アルラ特効は

アサシンの恰好の餌になりますので
  <餌が来た笑 

アド損の原因になりかねません。
(アサシンの破壊効果は戦闘破壊ではないので、アルラの効果が発動しない)


うーむ・・・ 
 
アルラウネをうまく活用する方法は
ないのでしょうか。

f:id:andoRyu:20200214001712p:plain

 
 
 

 

デッキ紹介


双耐性アルラ



[デッキコード]
1061q4X505z6w6C6U6W71747D7K7P7R7U888I8M9Wbl

[ユニットカード] × 8
No003 アサシン × 1
No030 アルラウネ × 2
No103 不定形の伯爵ビフロンス × 2
No104 戦争の伯爵ハルファス × 2
No116 戦女神ヴァルキリー × 1

[マジックカード] × 32
No135 精神の秘箱 × 3
No137 心削りの石 × 3
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 2
No146 封魔石 × 1
No147 生命の滅亡 × 1
No158 ソーマの烙印 × 3
No161 生体転送 × 1
No162 魔道転送 × 3
No163 生命吸収 × 2
No164 魔力吸収 × 2
No169 契約の石 × 1
No181 復活の蓮華門 × 1
No182 降魔の蓮華門 × 2
No206 水柱の篭手 × 2
No235 特攻の剣 × 2

 
このデッキはアルラウネと、
あるカードを組み合わせて

優勢を取っていくのが
コンセプトになっています。


あるカード とは
 


未完のキューブです




未完のキューブとは
f:id:andoRyu:20200410181917p:plain
相手のユニットを破壊できる
汎用マジックです。

 

その汎用性ゆえにCP150と
コストが高く設定されています。


ですので、
未完でアドを取ろうとするならば、
 
必然的に
CPが高いユニットを狙うことになります。



つまり、
アルラで小型を一掃し、未完で大型を抹殺する。 
 
というデッキになっています。


ただそのまま未完を使っても
スカリますので
 
未完と非常に相性が良い
魔道転送をガン積みしています。



未完魔転最強ッ!

 

構築について

構築としては、ユニットとマジックの
2方向に役割分かれています。
 

ユニットは小型に強く出れるように 

 

     

CP150で一番高いAPをもつ
ハルファスビフロンス+アルラウネ
 
 

 


マジックは大型を翻弄するように

    

ユニットを破壊できる

未完魔転+滅 を採用しています。



 

 ビフを多く積むので水柱も採用し、

そして水柱&未完に相性の良い

魔力吸収もぶち込んでます。

 

 

 


展開については見れば分かりますが、

MPブーストとなるマジックが

そんなに存在しないので、


初手未完魔転で様子見。

 

余ったMPは

相手の動きを見て

 


小型ならユニットに振って、

大型ならマジックに振る 

 

という感じですかね。

 


構築がマジックに厚くしているので、

基本相方のサポートになると思います。

 


デッキ名「双耐性アルラ」の語呂は

 

アインシュタインの「相対性理論」から

取りました。


勉強中です^^





と言う感じで

 

結論を言うと 未完魔転最強ッ!

 ということなのですが、

 

 
あまり使われていないカードにも
時々、注目してあげてくださいね。
 
 

 
今回はこの辺で!

 

 

⇦次の記事 (36)〜新戦術!お見合い戦法

前の記事⇨ (34)〜モノクロ構築でモテ期到来