アンドリューの徒然日記

火曜日・金曜日は定期、日曜日は不定期で更新しています!

MENU

旧DOL日記(26)〜デッキ構築に革命を起こします(再喝)

皆さんこんにちは。アンドリューです。

 

こちらは旧DOL日記となります。

 

以前アンドリューがぽけ民名義であげていた記事を

再編集し投稿したものとなります。

ぽけ民日記(現在、元の記事は限定公開にさせて頂いていますm(__)m)

 

新しくDOLの記事も書いていますので
そちらも見ていってくださいな。

 

 

構築の定石について

さて、今回は構築の定石のお話です。


有名な構築の定石といえば 

大型(CP300)+MP抽出+生命吸収 

 +   + 
がありますね。
 

 

大型で牽制しつつMPブーストで後続や

マジックにつなげる事ができる展開です。

 

僕もよく愛用してます。


しかしまあ 

 

すべてのデッキにこれを使うと

マンネリしてしまいますので、

 

何か別の構築もしてみたいと

数を作ると思うようになりますね🤔





そんな方のために今回は

大型を使わずに構築する 

 

構築の定石 をご紹介します。

 

今回使用するのは中型と小型です。 

大型は上のような構築がベターですからね。


そしてなんとこの構築。

 

小型+中型小型+小型の構築

そして小型+中型+大型の構築に応用できます。


広い幅のCPで戦うことができるので、

立ち回りや対応手を多く持ちたい方は必見です。

f:id:andoRyu:20200214001712p:plain






その型とは 

小型+中型(小型)+吸収 です
 
 +   
 あっ知ってた? ふーん。



この型は非常に便利で、 
当時の僕がデッキ構築するに当たって

 

ほぼ採用していると言っても

過言ではないくらいです。


では早速ですが

この構築の説明にいきましょう。

 

 


 

小型中型吸収について

このコンボが強い理由は

大きく牽制できるところにあります。

具体的な状況を想定して

考えてみましょう。


たとえば100バニラ

200バニラを展開したとします。


前提として序盤で相手どちらかの場に

ユニットは居ないものとします。

f:id:andoRyu:20200224002916p:plain


100バニラはAP1000 

200バニラはAP1500です。

f:id:andoRyu:20200224003011p:plain f:id:andoRyu:20200224003025p:plain



序盤ですので、この攻撃は基本的に通ることになり

相手に2500のダメージを与えることができます。


ここまで牽制していますが、
この時点で警戒すべきなのは、

 

200バニラのAPを超える

CP250以上の大型ユニットです。

f:id:andoRyu:20190912195452p:plain


 
CP250以上のユニットが出れば、

自分が出したユニットが倒され

 

アドを取られますから、
逆に牽制されることになる訳です。



そこで登場するのが生命吸収です。


ここまで、

 

f:id:andoRyu:20200224003011p:plain f:id:andoRyu:20200224003025p:plain

100バニラ200バニラ展開

→ 相手を殴る 

f:id:andoRyu:20190912195452p:plain

→ 相手がCP250~ユニットで対抗


となっていますが ここに

→ 生命吸収でユニットの回収


を入れれば、

相手のユニットの攻撃は受けますが、

 

f:id:andoRyu:20200224003525p:plain

MPが300手元に戻ってきますので


アサ未完(MP250)や未完魔転(MP200)

大型(MP300) + コンボパーツ

で逆に牽制することができます。



さらに、この100バニラの枠を 

カーミラやFD、ナイトやガーゴ

f:id:andoRyu:20190708145431p:plain f:id:andoRyu:20190829152825p:plain 

200バニラの枠を 

ウィッチやクラッシャー、ウロボロスやパラシューラマ

f:id:andoRyu:20190829153625p:plain f:id:andoRyu:20191107143211p:plain


などに代えれば 

 

召還や直接攻撃で

効果が発動することができるので、


コンボパーツの補充や、

アドを得ることができます。

 

うまみですね。ラーメン

 


自分がよく使うのは 

f:id:andoRyu:20200224004124p:plain f:id:andoRyu:20190829152825p:plain
ナイト   + ガーゴ      

で属性継続展開

f:id:andoRyu:20190708145431p:plain f:id:andoRyu:20190829153625p:plain
カーミラ + ウィッチ     

でサポ系牽制展開

f:id:andoRyu:20190708145431p:plain f:id:andoRyu:20191107143211p:plain
カーミラ + パラシュラーマ 

で守備型準備展開


あとは小型を2~3体並べて吸収とかですね。


小型といえば特効の剣のイメージなので

生体転送を入れがちですが、

f:id:andoRyu:20191107114221p:plain



生命吸収をすることによって

対応手を増やすことができるので、


特効はしづらくなりますが

こちらもありだと思います。

(生体転送   がさらに

 使われなくなっちゃう・・・(^^;)。)

 

という事でこの構築を用いたデッキを

一つ紹介したいと思います。

 

 


 

デッキ紹介

Fダンタ

[デッキコード]
1060g2M0Z592k6v6B6H6U6W7D7K7O7S898n8I8M9Nbl

[ユニットカード] × 10
No003 アサシン × 1
No006 吸血鬼カーミラ × 2
No058 フェアリードラゴン × 2    
No021 化身パラシュラーマ × 2
No107 異相の侯爵ダンタリアン × 2
No049 魔獣ベヒーモス × 1

[マジックカード] × 30
No135 精神の秘箱 × 2
No137 心削りの石 × 2
No139 補充の緑泡 × 2
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 2
No158 ソーマの烙印 × 3
No161 生体転送 × 1
No162 魔道転送 × 2
No163 生命吸収 × 3
No169 契約の石 × 2
No174 支援要請の紅玉 × 1
No181 復活の蓮華門 × 1
No182 降魔の蓮華門 × 2
No203 追撃の魔法陣 × 2
No235 特攻の剣 × 2


ダンタリアンを使ったデッキです。

f:id:andoRyu:20200224004325p:plain


このデッキでは 

カーミラパラシューラマを採用しています。

f:id:andoRyu:20190708145431p:plain f:id:andoRyu:20191107143211p:plain

序盤はカーミラパラシュラーマ

orFDパラシュラーマで相手のLPを減らしつつ

 

MPや手札を増やして吸収で牽制します。


未完魔転でお茶を濁しずつ、

ダンタリアンで殴ってLPを減らして

f:id:andoRyu:20190708142721p:plain f:id:andoRyu:20190708143838p:plain
相手をじりじり追い詰めるデッキです。


パラシュラーマはダンタを

生かしやすいようにするため

 

(守備なので特効を受けないから)に入れてます。


追撃の魔方陣はカーミラやFDの小型と

パラシュの守備にも相性が良いので投入してます。

f:id:andoRyu:20190912193747p:plain
基本的には相方へ送る

ダメージソースとして捉えています。


ベヒーモスは火力要員です。


 

まとめ

デッキ構築で考えることの一つに

”どうやってMP回復していくか” 

 

f:id:andoRyu:20200214001712p:plain

ということがあります。


その面で生命吸収は回避だけでなく

 

ブーストの面も持っているので、

非常に便利ですね。


生体転送涙目(T‐T)。


というわけで今回はここまで。 ノシ。

 

 

⇦次の記事 (27)〜ユニットの丁度良い枚数をQED

前の記事⇨ (25)〜鳥殺しという新しいジャンル