MENU

今週のお題「応援」

来週のお題 「元気の秘訣」

先週のお題 「私の勉強法」 

皆さんこんにちは、アンドリューです。

 

やっっっっっっっっっっっっっと

全ての課題が終わりました。

f:id:andoRyu:20200122193026p:plain

2月まで忙しー(ゲームピコピコ)

って感じだったと思うんですが、

 

普通にギリギリでした^^;

f:id:andoRyu:20190728122440p:plain

 

まぁ ここからは大学生の特権の

クソ長い春休みを満喫したいと思います。

 

 

今週のお題

さて、今週のお題は「応援」です。

「がんばる我が子を見守りたい」「このチームを応援しています!」「推しが武道館で歌う姿が見たい」など、皆さんのアツいエールをブログに書いてみませんか? ご応募をお待ちしております。

f:id:andoRyu:20200129155044p:plain

ということで「応援」についての

記事を書いていこうと思うのですが、

 

僕+応援 と言っても自分の中で

ピンと来なかったので

 

少し視点を変えて

なぜ企業はオリンピックを応援するのか?

f:id:andoRyu:20190728165754p:plain


 

について僕なりの考察を

話していきたいと思います。

 

 

 

 


 

広告とは

企業がオリンピックを応援する理由として

僕が真っ先に思いつくのは会社の広告です。

f:id:andoRyu:20200129155203p:plain

広告とは

《名・ス他》

広く世間に知らせること。特に、商品や興行物などを広く知らせ、人の関心を引きつけること。また、それを記したものやコマーシャル⑵。 google

 

つまりは自分の企業か何かを

知ってもらうということです。 

f:id:andoRyu:20190806175533p:plain

 

この広告を3つの要素に分けるとするなら

以下のようになります。

 

 

機能的価値

 …製品やサービスの機能やスペックによって得られる価値

情緒的価値

 …製品やサービスから受ける印象に対する価値

社会的価値

 …製品やサービスの元になっている理念や哲学が社会にもたらす価値

 

 

 

 

この中で「オリンピックを応援する」は

多分、社会的価値に当たると思います。

f:id:andoRyu:20200129155521p:plain

世界が注目するオリンピックに対して

 

その企業が支援をしていると

アピールすることによって

 

その企業の社会的地位を

同時にアピールすることが出来るからです。 

f:id:andoRyu:20200118205616p:plain

 

我々消費者目線からすれば

「我々はオリンピックを応援しています」

 

と言われても「はぁ🤔」くらいしか思いませんが、

f:id:andoRyu:20200129155735p:plain


 

企業目線だとオリンピックを耳にするたびに

我々のことを思い出してくれたら儲けもの

 

くらいとは思っているので(多分)

 

 

コマーシャルが流れるたびに

応援しまてますアピをするのではないでしょうか。

f:id:andoRyu:20200129155044p:plain

 

 

 


 

まとめ

この記事の結論に実際はこうだよ

というのを書こうと思っていましたが、

 

調べても全然それっぽいのが

見つかりませんでしたので(許して)

 

僕の妄想だけ書いて終わるのですが

f:id:andoRyu:20191009165331p:plain


 

 

もしこうじゃないかな?と思ったかたは

ぜひコメントに書いて言ってください。

 

 


 

といった感じで今回はこの辺で!

 

 

良ければブックマークと下にある星ボタンをクリックお願いします!

 

 

更新情報などはTwitterで見れますので

ぜひフォローを!

twitter.com

 

 

こんなの記事を書いてほしい!という要望などありましたら

こちらのお題箱からどうぞ!

odaibako.net

 

よろしくね😉

 

 

 

来週のお題 「元気の秘訣」

先週のお題 「私の勉強法」