アンドリューの徒然日記

火曜日・金曜日・日曜日で更新しています!

MENU

旧DOL日記(12)〜アンド流MP計算:百を承知、からの勝利(再喝)

⇦次の記事 旧DOL日記(13)〜アンド流MP計算:全てが0になる(再喝)

前の記事⇨ 旧DOL日記(11)〜流れを止めるな!DON`STOP DON`STOP(再喝) 

 

皆さんこんにちは、アンドリューです。

 

 

こちらは旧DOL日記となります。

 

以前アンドリューがぽけ民名義であげていた記事を

再編集し投稿したものとなります。

ぽけ民日記(現在、元の記事は限定公開にさせて頂いていますm(__)m)

 

こちらの投稿と同時並行でNewDOL 日記も書いていますので

そちらの方もよろしく!!

 

 

 

 

今回はDOLで必要なMP計算についての準備編(?)

的な感じで説明して行こうと思います!

 f:id:andoRyu:20190728171933p:plain

 

 

MP計算はDOL上級者になりたいのでしたら

持っておきたいスキルのひとつになります。

 

 

 

 「今の相手がどのくらいのMPを持ってるのか?

というのは

 

そのターンでどれくらい展開できるか

とほぼ同じことですので、そのMPを計算するスキルは重要になります。

 

 

相手の展開の仕方によっては盤面の有利不利が逆転しますので

その対策のことなどを考えればこちらのプレイにも影響が出てきます。

 

一番の肝は削りのタイミングなんですけど😅

 f:id:andoRyu:20190728172750p:plain

 

 

今回はそれよりも前の段階で

アンド流 序盤のMP計算の仕方 を紹介したいと思います!

 

 

 

では1ターン目から よーいスタート!

DOLはMP300から始まります。

f:id:andoRyu:20190728173007p:plain
 

 

ここでひとつポイントになるのが 

CP150マジックの未完と欠片(主に欠片)が伏せられるかどうかです。

 f:id:andoRyu:20190708142721p:plain    f:id:andoRyu:20190710191710p:plain

 

この2枚はこちらが展開する上で注意しないといけないカードNO.1

 

そしてこれを伏せたという事は序盤の少ないMPから150を消費したということで、

序盤から中盤の動きが遅くなるということを意味します。

 

 

つまり、これがあるかないかを見分けることが出来れば

 

こちらがどのように展開すればいいのかがある程度分かる!(?)

という訳です。

 

 

 

未完欠片があるかないかというのと

 MP計算、関係ないジャン

 

と思った方は一旦落ち着きましょう。

 

まだ焦るような時間じゃないナス

f:id:andoRyu:20190713090949j:plain

 

 

 

まずは

未完欠片があるかないかを見分ける方法についての話ですが、

 

これは初手伏せの枚数から予測します。

 

 初手で伏せるマジックについては、実は限定的で

 

・上でもあげた150マジックの未完欠片 

(汎用性が非常に高い)

 

MPブースト ドロソ  削り 足止め 

(主にCPが50)

 

回避やMP抽出  

(ユニット展開意識 そんなに無い)

 

その他      

(継続や属性、ブラフや封魔など)

 

 

の4種類に分けることができます。

 

 

見ればわかりますが、

基本的に未完欠片の伏せとCP50のブーストが主になります。

(契約 魔力の石 はちょっと省きます)

 f:id:andoRyu:20190708142721p:plain    f:id:andoRyu:20190728171127p:plain

そして、この 何を伏せるか によって

相手の残りMPを算出することができます。

 

 

基本が150と50の組み合わせだとすれば

              

1枚    → 

150×1 or 50×1         

=150 or 250 

 

2枚    → 

150+50or150+150or50+50  

=100 or 0 or 200

 

3枚    → 

150+50+50

50+50+50            

50 or 150

 

 

4-5枚 → 

未完 欠片 ほぼなし 

(4枚時 あっても展開がおそい)

 

※1枚のときは基本的に削り受けの封魔を視野に入れる 

(これに契約や水柱 八卦を加えるとちょっとめんどくさい 特に契約)

 

 

 

 

ざっとまとめればこのような感じになります。

 

 

基本的に相手のMPが100以上の時に削りを打ちたいですので、

この場合狙い目になるのは1枚伏せのパターン 

 f:id:andoRyu:20190728172750p:plain

逆に2枚伏せや3枚伏せは少し打ちづらくなりますね。

 

 

でも普通は1ターン目ではMPは温存したいですし、

 

CP100の契約や水柱が入ることを考えれば3枚伏せでも

2枚伏せでもMPは50以下になりますので、

 

 

基本的にはやっぱりこれだけだとMPはちゃんとはワカラナイ

f:id:andoRyu:20190728165754p:plain

 

 

というわけで

 2ターン目(相手がマジック発動したとき)に行きます。

 

 

 

例えば 2枚伏せで メイン何もせずに片方発動したとき

この時発動したのがCP50のマジックだったと仮定しますと

f:id:andoRyu:20190710142852p:plain  f:id:andoRyu:20190710142741p:plain


 

上の表に当ててこれをみてみると 

150+50 or 50+50 になります。 

 

ということは1ターン終了時の残りMPが

100以上がほぼ確定になります。

 

※CP100のカードのパターンをいれても確定します

 

 

 

逆に 未完 欠片を発動した場合は

 

だいたいの場合は

MPを多く消費していることが分かりますので

 f:id:andoRyu:20190708142721p:plain    f:id:andoRyu:20190710191710p:plain

展開に関しては警戒薄で良いでしょう。

 

 

てな感じで 

 

初期枚数から絞り、発動で絞りの過程を経て

相手のMPを予測します。      

 

 

これに加えて+その後の展開や降魔削りなどのプレイング 

ブーストを含めた足し算などでおおまかな相手MPを割り当てます。

 

 

ちなみに ブーストの計算方法は

 

秘箱 契約 →+50   

宝箱 → +100  

魔力の石 →+150

 f:id:andoRyu:20190728171127p:plain     f:id:andoRyu:20190710191404p:plain    f:id:andoRyu:20190728173619p:plain

です。

ユニ吸収の場合はこれらの計算とわけて計算します。

 

 

 

これらができれば 

誤差は大体100以内に落ち着きます(未完欠片の誤差)

 

 

 

今回は長くなったのでデッキは載せませんが

(というか書くのが疲れた^^;)

 

 

結局はこれらの方法は

 

自分なりに楽しめるようにするためのものだと思っているので

自分自身、紙が勿体無いのですべて暗算でやってます。

 

 

また、計算の仕方は人それぞれだと思うのと

 

別にできなくても

勘だけで相手の動きを読むのも十分かっこいいですので

 

自分にあったMP計算の方法をみつけてくださいネ! 

f:id:andoRyu:20190715100333j:plain

 

 

という感じで今回はこの辺で!

 

 

ノシノシ     

 

 

 

⇦次の記事 旧DOL日記(13)〜アンド流MP計算:全てが0になる(再喝)

前の記事⇨   旧DOL日記(11)〜流れを止めるな!DON`STOP DON`STOP(再喝)